はやわかりセイヒョー

セイヒョーってどんな会社?

セイヒョー大正5年(1916年)に製氷会社として創業。老舗氷屋としての技術力でお客様のニーズに対応したサービスの開発を行い、2016年に創業100周年を迎えました。これからも食を通して「安心・安全な製品をお届けする」という使命のもと、新潟の企業として、皆様に親しまれ愛されるよう積極的に広く発信し続けてまいります。

社名の由来

現在の「株式会社セイヒョー」の名になったのは平成7年(1995)9月1日。取扱商品の幅が拡大し、今後の企業としての在り方をしっかりと定めるために決まった社名です。

セイ:精(生き生きとしていることの意)、誠意、清潔
ヒョー:飛揚(飛んで高く上がることの意)、目標

セイヒョーが展開する全ての部門が、生き生きと清潔で誠意にこもった安心・安全な商品づくりに努め、新たな事業や目標に向かって精力的に躍進していくという企業姿勢を表しています。

コーポレートマークは、グリーンとブルーを印象的に組み合わせたロゴマークとなっています。SEIHYOの”S”をモチーフに、日本海の波をイメージし、また左右にずらした”S”は連続的に拡がっていく波の躍動感を表現しており、日本海のように力強く活動していくセイヒョーの姿に重ねています。マーク上部のグリーンは越後平野を、マーク下部のブルーは日本海をそれぞれ意識したカラーリングとなっています。

セイヒョーの事業は?

アイスクリームや製氷・和菓子の製造販売業務を基盤として、冷凍倉庫における保管業務や冷凍食品類・一般食品の仕入販売など、幅広く事業を展開しております。

冷菓事業

新潟を代表するかき氷バー「もも太郎」を始め、老若男女に愛されるアイスクリームを提供しています。

氷菓

もも太郎、ももえちゃん、かき氷カップシリーズ、学校給食用シャーベット

アイスクリーム類

ビバリッチ、ソフトクリーム(バニラ、チョコ)、Party(1L入りバニラアイス)、2L入りアイス(バニラ、チョコ)、学校給食用アイス

和菓子事業

『おいしくて 栄養価の高い保存食 笹だんご』をはじめとする和菓子を1982年から長年にわたって製造し、確かな『セイヒョーブランド』を築いて参りました。

冷凍倉庫事業

新潟県内3ヶ所にF1級冷凍倉庫を有しています。冷菓、アイスクリーム、冷凍食品等の保管・配送手配もおまかせください(利用運送業)。また、冷凍保管可能な保税倉庫もあります。

セイヒョーデータ

創業

103(※2019年3月 現在)

売上高

404,796万円(※2019年2月 実績)

社員数

82(※2019年2月 実績)

営業利益

4,600万円(※2019年2月 実績)

セイヒョーの体制

セイヒョーは「お客様のニーズ」にお応えし続けていくために、「価値と感動」をお届けする信頼あるブランドを目指しています。『安心・安全』『商品企画・開発』『製造・冷凍技術』『販売・営業』『物流』の5つの体制を最大限に活かし、限りなく挑戦し続けます。