社員紹介

悩みは未来につながる

営業部 業務課2019年新卒入社羽下 楓蓮

商品のファンから社員へ

地元企業に絞って就活し、その中で、古い歴史を持ち、多くの人々に親しまれている商品を製造するセイヒョーに惹かれました。自分自身が商品のファンだったのも決め手になりました。 今は、営業部に所属し、商品の受注入力に始まり、発送・納品の伝票作成や入力、メーカーの新商品のシステム登録、自販機アイスの売上・入金の入力、月次の請求書発送など、営業の後方支援に関わる業務を幅広く担当しています。また、電話や来客対応なども行っています。

業務質問する回数が減っていき成長を実感

仕事内容が多岐に渡るので、全部を把握するのに時間がかかりました。でも、入社半年ほどで先輩に質問する機会が減ってきて、初めはできなかったことが一人でできるようになった時に、成長できたかなと思いました。 まだ作業速度が遅いので、これからは業務を効率的かつ的確に進められるようになることが目標です。お客様のお問い合わせに素早く答えられるよう商品知識も深め、これからもっと成長を感じられるように日々努力していきたいです。

メッセージ

自分を見つめ直すことが重要だと思います。その過程で、得意分野をどう生かせるか、苦手分野をどう克服して強みに変えていけるかを考えて、取り組んでください。就活は人生の大切なイベントの一つ、どう計画して開催し、成功を収めるか――と前向きにとらえてみるのもオススメです。 落ち込むこともあるかもしれませんが、その悩みは未来につながっていると思って頑張ってください。正しい敬語やビジネスマナーの習得もとっても大事です!

私のOFF TIME

ドライブが趣味で、よく県外まで日帰りで出掛けたりしています。行った先でご当地グルメを楽しむのが好きです。 たとえば、福島県は新潟から行きやすい距離で、有名な喜多方ラーメンもあって美味しいので、オススメのドライブコースです。

経験こそ視野を広げる

製品開発室2018年新卒入社関根 あすか

大好きなアイス×地元の企業に就職

学生時代に資格を取ったので、将来は管理栄養士として働こうと思っていました。いざ就活となった時、商品開発に関わりたいという気持ちが湧き上がり、大好きなアイス×地元の企業という観点も加えて考え、セイヒョーへの入社を決めました。 今は、アイス・和菓子の新商品開発、既存商品のリニューアルなど、主に製品の仕様に関わる仕事をしています。開発では、仕様の検討から包材の決定、またその製品を製造ラインに落とし込むまで一貫して行います。

「おいしい」と喜んでもらえる商品を作る

仕事は学校での勉強と違い、正解を選んで終わりではありません。なぜそうなったかを深く考え、また、なぜ失敗したのかを考え、次は問題点をなくすということを繰り返し、よりよりものを目指します。 今後は、マーケティング力をつけて、お客様のニーズやトレンドを把握し、それを活かした商品づくりをしていきたいと思っています。手に取ってくださるお客様に「おいしい」と喜んでもらえる商品を作ることが私の一番の目標です。

メッセージ

一見仕事とは関係がなさそうなことが意外に役に立ったり、分野違いの経験が生きることもあります。だから、自分で範囲を狭めないで、「まずは経験!」と思ってやってみてください。 また、勉強以外にもアルバイトやボランティア、趣味など、学生時代にしかできないこともたくさんあるはず。何でもいいと思うんです、好きなことや興味のあること、いろんな経験をして学生生活を楽しんでください。それはきっと将来の自分の糧になりますよ。

私のOFF TIME

ラーメンの食べ歩きが好きです。新潟はラーメン王国なのでいろいろな種類があって楽しいです。食べたラーメンの写真を撮るのが最近のマイブームで、約1年間続けています。 フォルダにたまっていくラーメンの写真を見ると、なんともいえない達成感を感じます。

「好き」を全力で伝える

内部監査室2014年新卒入社田原 伸昭

上場企業ならではの業務に携われる

地元の新潟で、簿記の知識を活かせる経理職を志望。東証2部上場の会社だからIR業務に関われると感じたこともセイヒョーに決めた理由の一つです。企業研究をするうちに、「もも太郎」だけでなく、数多くの当社商品に触れていることを知り、愛着がわきました。 4年半管理部の仕事を経験した後、内部監査室に異動し、会計監査や業務監査を通して、内部統制システムの整備・運用状況の評価、業務フローの改善などに関わっています。

目標は業務改善アドバイザー

これからは、業務改善に取り組んでいきたいです。そのためには工場や営業所にもっと足を運んで、現場の従業員と会話する機会を増やし、各部署の問題点や悩みなどを集約。そして、業務改善を進めるアドバイザーとしての役割に力を入れていきたいと思っています。 効率的な業務フローを構築できれば、作業時間の短縮やコスト削減に貢献でき、働きやすい環境、強い企業体質が作れるので、ここを担っていきたいと思っています。

メッセージ

学生時代に少しでも気になるものがあればやってみて、興味のあることをたくさん見つけてください。その中に仕事に結びつくものがあるかもしれません。 就活の期間はみなさんが思っているより短いものです。だから、一社一社との出会いを大切にしてください。また、面接などで伝えられることにも限りがあります。言葉を飾らず、素直な気持ちを全力でぶつけてください。会社が好き、商品が好きという思いは必ず相手に伝わるはずです。

私のOFF TIME

小学生のときからサッカーを始め、社会人になってからも仲間と休日にフットサルを楽しんでいます。 試合に出たときは、職業や年齢の違う人たちと本気でぶつかり合い、試合後はお酒を飲んで、親睦を深めるのは、最高のリフレッシュです。

失敗の背景を考える

生産部 新潟工場2019年中途入社武田 涼太

念願叶い、もも太郎づくりの仕事を担当

大学進学で新潟を離れてみて、初めて地元の良さに気づき、就活では新潟の企業に絞って活動しました。その中で、幼い頃からなじみのある、新潟を代表する氷菓「もも太郎」を製造しているセイヒョーに興味を持ち、応募しました。 入社後は、念願かなって生産部に配属され、今はアイスクリーム製造の機械オペレーターとして勤務しています。安定した生産のため、機械の調整、メンテナンスを中心に、作業員が安全に働ける環境づくりを担当しています。

失敗の背景を考え仕事に意欲的に取り組む

入社まで機械や工具に触れることはなかったので、最初は戸惑うことの連続。失敗もしました。先輩に「単に覚えるのではなく、興味を持って仕事をすることが大切なんだ」と教えてもらい、考え方を変えました。失敗の背景を考え、積極的に取り組むと、仕事が楽しいと思えるようになりました。 今は、作業員に指示を出すことの多い立場なので、相手の立場に立って考え、働きやすい環境を作り、会社に貢献できるよう努力したいと思います。

メッセージ

学生時代は野球に没頭していたので、入社するときに自分に仕事が務まるのかと不安に思ったりもしました。が、入社してわかったことは、大学生時代にひとつのことに一生懸命取り組んだ経験は仕事に活かすことができ、周囲に評価されるということです。自信につながります。仕事に必要な知識は努力すれば入社後に学ぶことができます。だから、学生のうちに、勉強やスポーツなど、何か一つのことに打ち込んでみてください。

私のOFF TIME

野球が好きです。セイヒョーには野球チームがあり、休みの日には練習や試合でメンバーと楽しく過ごしています。また、会社は海に近いので、仕事終わりに釣りでリフレッシュすることも。 社内にはお酒好きも多く、プライベートで居酒屋に出かけて盛り上がっています。

自分自身と向き合う

営業二課2019年中途入社円山 和也

通信販売やカタログを提案する仕事

私が所属している営業第二課は、主に通信販売とカタログギフトを担当しています。通信販売に当社の笹団子やアイスを扱ってもらって、また、お中元、お歳暮のカタログギフトを企業様に提案し、注文をいただいた商品を発送しています。 入社時は、取り扱い商品がどこにあるかわからなかったり、商品の包装がうまくできなかったり苦労しました。最近では、企業様に対し、ギフトの提案を考えて見積を作成して商談する、新しい仕事を任されています。

今後もパートナーとして信頼していただくことが目標

自分が提案した商品が企業様に初めて採用された時は、大きなやりがいと達成感を感じ、次へのエネルギーになりました。 今後は、お得意様との信頼関係を築き上げ、単に営業として認識されるのではなく、パートナーとして信頼してもらえるようになりたいと思います。その第一歩は、ただ営業するのではなく、相手の立場に立って考えることです。そのようにして信頼関係を築き、それを増やしていくことが営業の醍醐味ではないかと思っています。

メッセージ

今こそ「自分は何をしたいのか」「どんな仕事に就きたいのか」を真剣に考えなければならない時期かもしれません。いざ就職活動をしてみると、自分自身と向き合わなければならないだけに、辛いことも多いかと思います。ですが、その経験は絶対に自分のためになります! みなさんが就職活動を笑顔で終えられるように祈っています。

私のOFF TIME

趣味はラーメン店巡りです。美味しいラーメンを求めて、雑誌やサイトの口コミなどを日々チェックしています。 最近は味噌にはまり、味噌の美味しいところを重点的に探しています。美味しいところがありましたら、ぜひ教えてください(笑)